全国有志医師の会 ニュースレターVol.1 (6月20日号)

全国有志医師の会のメルマガ発信が始まりました。

ご登録をいただきありがとうございます。

はじめはスモールスタートで配信、月1〜2回、プラス臨時便の配信から考えています。

メルマガ配信は初めてで分からない事も多いですが、

皆様にプラスになるような情報をお届けしたいと思いますので、よろしくお願い致します。

====================

こちらのメルマガは、全国有志医師の会ニュースレターにご登録いただいた方にお送りしています。

心当たりのない方、今後このような情報が不要の方は、下のリンクから解除をお願いします。

※解除された場合、システム上、同じメールアドレスの再登録がすぐにはできなくなりますので、ご了承ください。

誤って解除された場合は、お問い合わせからお知らせください。

====================

本日お届けけする情報はこちらです。

1.藤沢代表の「全国有志医師の会、発起人としての思い」

2.全国のイベント情報

========================================

1.● 全国有志医師の会代表からの挨拶 ●

この度、メールマガジン『全国有志医師の会ニュースレター』を新たに発行するにあたり、

皆さまに3点ほどお伝えしたいことがあります。

まず1点目。

全国の皆さまと情報共有する媒体が必要という議論が内部でずっとなされてきましたが、なかなか具体化できずにきました。

遅きに失した感があります。本当に申し訳ございません。

これから少しずつですがこのニュースレターを通じて皆さまに有用な情報を届けていきたいと思います。

当然、これまでのように各地区の有志医師の会や私を含めた個人のSNSによる情報発信は、ガンガンやっていきますのでよろしくお願いいたします。

そして2点目。

「医師達の草の根運動」が北海道から始まり、そして瞬く間に全国へ広がり全国有志医師の会が結成されました。

多くの方々に賛意と応援の声を頂き、これまでに様々な取り組みを進めてきました。

しかし「新型コロナウイルス感染症対策の抜本的変更、及び新型コロナワクチン接種事業の即時中止を求める」という当初からの会の目的は未だに達成できていません。

それどころか5歳からの子ども達へのコロナワクチン接種事業が3月から始まり、3回目のブースター接種、さらには4回目接種とコロナワクチン接種事業がだらだらと続く状況を許してしまっています。

本当に残念でなりません。

その陰でワクチン接種後に体調不良を訴える方々、接種後にお亡くなりになる方々は着実に増え続け、前代未聞の『薬害事件』が現在も進行しています。

またつい先日、厚労省のデータ改ざん事件が発覚しました。

・厚労省データ 心筋炎リスク情報も不適格〜新型コロナワクチン未接種扱い問題だけじゃない!2つの不適格データ問題を独自検証〜

ワクチン2回接種完了者のほうが未接種者よりもコロナに感染(PCR陽性になる)する割合が高いのに、国はずっと嘘の情報を流し続け、ワクチン接種を推奨してきたという事が分かったのです。

この問題は絶対にウヤムヤにしてはいけないと考えます。

オミクロン株出現以降は、弱毒化し風邪と変わらないことが世界の共通認識となり、日本と中国だけがコロナ対策を続けているという異常事態に直面しています。

そのような現状から、私たちが当初から掲げてきた目標は、日本社会の正常化と国民の健康を守るために益々必要な事であるという確信に至っています。

「コロナワクチンは百害あって一利なし」

「コロナ感染症を2類相当から5類以下に早く格下げせよ!」

今後とも、これらの目標に向かって取り組みを進めていきたいと思います。

また「ワクチン後遺症」に苦しむ方々への医療体制を構築するという大きな課題と、その治療法について模索・確立していくという取り組みも同時に進めています。

この取り組みについては日本医師会に協力の呼びかけを行いましたが「音沙汰なし」です。

当初から期待はしていませんでしたが、日本医師会もそうとう腐敗が進んでいるようです。

、、、、

まったく“やる気なし!”の様です。

今回の「コロナ騒動」を通して見えてきたことは、日本政府は当然のことながら、日本医師会、学会などの医学・医療界、そして大手マスコミは国民の事などまったく守ろうとしなかったということです。

むしろワクチン推奨をしてきた人達は、「コロナワクチンは、人体には良くないもの」と認めたとたんに、自分たちに責任追及の矛先が向くことを知っているのでしょう。

だから絶対に自分たちの非を認めようとしないし、今後も「ワクチン後遺症」の方々を救うために尽力することは極めて少ないと感じています。

ですから私たちがやるしかありません。当たり前の事をするだけです。

そして3点目。

マスク社会を何とかしなくてはなりません。最大の犠牲者は子ども達です。

マスクの強要によって、子ども達には精神的、肉体的な被害・実害があるとの報告が次々に海外から提出されています。

子ども達にとっては待ったなしの問題になっていると考えます。

全国有志医師の会としても、マスク問題、マスク社会の弊害について、問題提起すべく、現在取り組み中です。

今後とも、全国の皆さまのご指導、ご鞭撻を宜しくお願い致します。

2022年6月20日  

全国有志医師の会代表  藤沢明徳

・twitter

・facebook

藤沢 明徳さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、藤沢 明徳さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報…
my159p.com

SNSでも情報発信中、フォローいただけるとありがたいです。

=======================================

2.●全国有志医師の会イベント情報●

・6月26日(日)  東京都港区芝浦

「真実を教えて下さい」上映会+講演会(井上正康先生、吉野真人先生)

時間 13時30分〜 @田町貸会議室

⇒ https://my159p.com/l/m/ZzmCBNoTRIywi5

・7月2日(土) 山梨県都留市上谷   

記録映像「ワクチン後遺症」上映会

時間 13:30 〜 @都の杜うぐいすホール    

⇒ https://my159p.com/l/m/2yNnS1x8oNJXIJ

・7月3日(日) 宮城県仙台市青葉区

【上映会&講演会】「真実を教えて下さい2 コロナワクチン被害者遺族  〜家族の永遠の絆〜」

時間 13時30分〜 @フォレスト仙台  

仙台市青葉区柏木1-2-45   

⇒ https://my159p.com/l/m/vJr2yWwStRsVmP

・7月17日(日)静岡県磐田市

講演会『コロナ社会から命を守るために』演者 池田としえ先生、井上正康先生

時間 10:30〜15:30 @磐田市竜洋なぎの木会館   

⇒ https://my159p.com/l/m/6cnnTrwGDjWUmH

以上、全国有志医師の会からのイベント情報のご案内でした。

ご支援いただいている皆様に、定期的に有志医師の会の活動を共有していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

============

【 発行者情報 】

全国有志医師の会メルマガ事務局

公式サイト : https://my159p.com/l/m/rKN1OQRNaK9JOc

個人情報保護方針:https://my159p.com/l/m/UbIRp4BTL3QY6e