全国有志医師の会からの共同声明

全国有志医師の会は、新型コロナウイルス感染症対策の抜本的変更、及び新型コロナワクチン接種事業(3回目接種、5歳~11歳の子どもへの接種、妊婦への接種)の即時中止を強く求めます。

全国有志医師の会一同

コロナ、コロナワクチン後遺症の相談ができるクリニック

コロナワクチン接種後の体調不良でお悩みの方は、全国有志医師会のクリニックがご相談に乗ります。お近くのクリニックをお探しの方は、ボタンをクリックしてください。

全国のコロナワクチン後遺症、コロナ後遺症を診てくださるクリニック、医療施設を募集しています。

新型コロナウイルス感染症対策の抜本的変更を求めます

現在、新型コロナウイルス感染症は二類相当の取り扱いとなっている。このため対応する病床が限られ、患者数が急増する状況においては保健所の対応も追いつかず、初期治療に支障をきたしている。治療開始が遅れることで病状悪化に至り死亡するケースもみられてきた。

今こそ分類を指定感染症五類に変更し、全ての医療機関で早期診断、早期治療に当たれる体制を作ることが必要と考える。欧米では新型コロナウィルス感染症対策を撤廃する国も出てきており、わが国にも対策の見直しを強く求めるものである。

ワクチン接種事業の中止を

現在使用されている新型コロナワクチンは、mRNAワクチンという人類に初めて使用される新しい機序の薬剤であるにもかかわらず、2021年2月に「特例承認」され臨床試験が終了しないまま接種が開始されている。中長期的な安全性は十分に確認されているとは言えず、2022年2月18日のワクチン分科会副反応検討部会において1,474件の接種後死亡例(うち10代6人)、6,454件の接種後重篤例(うち10 代398 人)が報告されている。

本ワクチンは武漢で最初に発見された株に対して作られたものであり、変異株への効果は不明であり、昨今のブレイクスルー感染の多さからも効果が低下していることは明白である。

接種後に体内で産生されるスパイク蛋白自体に血管障害や血栓症を誘起する作用に加え、接種後の心筋炎や全身性炎症、及び免疫抑制による感染への脆弱性を示す研究論文が次々と報告されている。

しかも、日本に現存するワクチンは第五波までの武漢型ウイルスに対応するものであり、スパイクの分子構造が激変したオミクロン株とその変異株には交差免疫力が極めて低く、抗体依存性感染増強(ADE)を誘発して逆効果となる可能性が強く危惧されている。

このようなワクチンを将来ある子ども達や妊婦に接種することや3回目のブースター接種をすることには大きな危険性があり、新型コロナワクチン接種事業の即時中止を強く求める。

新型コロナワクチン接種事業へ従事するすべての医療従事者の方々へ

効果について疑問視され、健康被害をもたらす可能性が高い遺伝子ワクチンの接種業務に従事されている医師や看護師をはじめとする医療従事者の方々に対して、私たちは連帯の意を表明する。

2022年2月28日

北海道有志医師の会 代表 藤沢明徳
東北有志医師の会 代表 後藤均
関東甲信越有志医師の会 代表 布施純郎
栃木県医師有志の会 代表 大和田信雄
東海有志医師の会 代表 鈴木亮
名古屋有志医師の会 代表 浅井富成
関西有志医師の会 代表 長尾和宏
中四国有志医師の会 代表 宮原聡子
九州有志医師の会 代表 森田洋之
沖縄有志医師の会 代表 東理人
他、医師・歯科医・獣医:268名、医療従事者:537名

子どもへのワクチン接種を考える医療・研究の最前線から

新着イベント情報

日 程イベント名エリア
5月21日(土)「ワクチン後遺症」上映会&鳥集徹氏講演会
14時~17時 勝田台文化センター
千葉県
八千代市
5月22日(日)「記録映像ワクチン後遺症」上映会
開場時刻 13:30 緑ヶ丘地域活動センター
北海道
旭川市
5月22日(日)「知ろう♫考えよう♫コロナワクチンと後遺症」(「ワクチン後遺症」上映会)
14時より(13時半開場) 石川県地場産業振興センター
石川県
金沢市
5月22日(日)ドキュメンタリー映画「真実を教えて下さい」上映会
13時から 豊栄地区公民館
新潟県
新潟市
5月28日(土)【記録映像 ワクチン後遺症】上映会&講演会”ここが変だよ子どものワクチン!”+宮沢孝幸先生Zoom特別講義 開場9:30~16:30東京都
八王子市
5月29日(日)「記録映画ワクチン後遺症」上映会
開場時刻 13:00 @ビッグハート出雲
島根県
5月29日(日)「記録映画ワクチン後遺症」上映会
開場時刻 12:40 サンセルモ玉泉院館山 注意;申込は電話のみです 0470-27-6161
千葉県
館山市
それぞれのイベント名をクリックすると申込できます。
活動報告

全国有志医師の会「オセロプロジェクト」

私達、全国有志医師の会では「オセロプロジェクト」として、全国の1740の自治体へ「5~11歳の子どもへのワクチン接種中止及び副反応情報等の周知徹底を求める要望書」という要望書を首長(市長などの自治体長)宛に内容証明で送り、別送で様々な資料も送りました。

多くの自治体ではこの3月からの小児接種について、接種券を一斉送付した自治体や住民からの申込制にしている自治体があります。全国有志医師の会としては接種中止を求めますが、まずは接種券を一斉送付されて保護者が積極的に接種を希望しないにもかかわらず、心理的圧迫や同調圧力によって接種をさせてしまいかねない状況を変えたいと思っています。
オセロのように黒から白へ、まずは接種券の一斉送付から申込制に変わるよう、一石を投じました。
全国有志医師の会の「オセロプロジェクト」が大きな一歩を踏み出した事を公開します。

オセロプロジェクト公式SNSはこちら

あなたの大切な子どもを守るために必ず知ってほしいこと

5~11歳のお子さまを持つ保護者様にぜひ知っていただきたい内容をまとめたパンフレットを作成しました。(A4サイズ表裏)

パンフレット、または以下のボタンをクリックしていただくとダウンロードできます。

子どもへのコロナワクチン本当に安全ですか?

医療介護系学生さんへ「ワクチンは任意です」

医療系学生さんであっても接種には個人に決める権利があります。学校は接種を単位や卒業の条件にすることはできません。実習先の医療機関も同様で、実習生の受け入れに、接種を条件にしないように通知(周知事項)が出ています。

実習先の確保が困難な場合も、代替措置等で教育の機会を
確保してもらえるように交渉します。

ワクチンハラスメントの断り方

実習時のワクチンハラスメントの断り方、接種を断るための提出書類テンプレートを、有志医師の会会員と有志保護者で作成し、弁護士が監修しました。自由にご利用ください。

ワクチンハラスメントの断り方

どのような交渉も、弱気になりすぎたり、逆に権利を主張しすぎると関係がこじれてしまいます。

まずは書類を提出して、学校側と理性的に解決策を話し合ってみてください。1人で交渉しづらい時は、同じ思いを持つ友人、保護者の方と一緒に交渉しましょう。

コロナワクチン副反応データベース検索

新型コロナワクチンの副反応疑い報告を円滑に確認するために作成されたウェブサイト。厚生科学審議会のPDF資料を元にデータベース化されています。年齢、性別、疾患名、重症度などフィルターをかけて調べることも可能です。

遺伝子ワクチンに関しては様々な意見が錯綜しています。この動画は「厚労省のデーターのみを用い、ワクチン賛成派や反対派の方々にも重要な客観的情報」を提供しています。皆様の大切な家族や仲間へのネットワークで広く拡散して頂き、日本の未来を担う子供達の生命を守りましょう。

監修:井上正康 大阪市立大学/現代適塾

全国有志医師の会へのご寄付

ご支援ありがとうございます。スタッフはボランティアで活動しておりますので、ご寄付は、運営資金(送料、事務手数料、通信、資料作成、講演他)に使わせていただいております。どうかよろしくお願いいたします。

お問い合わせについて

全国有志医師の会へのご質問、お問い合わせは専用フォームからお送りください。