医療介護系学生さんへ「ワクチンは任意です」

医療系学生さんであっても接種には個人に決める権利があります。学校は接種を単位や卒業の条件にすることはできません。実習先の医療機関も同様で、実習生の受け入れに、接種を条件にしないように通知(周知事項)が出ています。

実習先の確保が困難な場合も、代替措置等で教育の機会を確保してもらえるように交渉しましょう。

実習時のワクチンハラスメントの断り方、接種を断るための提出書類テンプレートを、有志医師の会会員と有志保護者で作成し、弁護士が監修しました。自由にご利用ください。

ワクチンハラスメントの断り方 交渉の仕方

どのような交渉も、弱気になりすぎたり、逆に権利を主張しすぎると関係がこじれてしまいます。

まずは書類を提出して、学校側と理性的に解決策を話し合ってみてください。1人で交渉しづらい時は、同じ思いを持つ友人、保護者の方と一緒に交渉しましょう。

それでも解決しない時は、、、

コロナワクチン被害者駆け込み寺にご相談ください。

【コロナワクチン被害者駆け込み寺】
未接種者は老人ホームの面会が許されないや、病院での診察、入院、面会の差別。
職場で差別を受けている、等々…
この様な被害に対しての相談窓口の開設しています。相談無料で必要に応じて各分野のスペシャリストを紹介してもらえます。