日本赤十字社(他 関連学会)に核酸ワクチン接種者から供⾎された⾎液製剤の安全確保についての嘆願書 を提出しました。

5月29日、全国有志医師の会から日本赤十字社に核酸ワクチン接種者から供⾎された⾎液製剤の安全確保についての嘆願書を郵送しました。また、

日本輸血・細胞治療学会
日本血液学会
日本赤十字看護学会
日本小児血液・がん学会
日本検査血液学会

にも同様の嘆願書を提出しました。

ワクチン接種者の血液からスパイク蛋白が4か月検出されますが、早ければワクチン接種後2日から献血が可能になっています。

全国有志医師の会は、ワクチンのmRNA、スパイク蛋白を含む血液製剤の安全性について危惧しています。